ROMANTIC MOMENT is ready! ロマンティック・モメントリリースにあたって。

Posted on
(日本語は英文の後に続きます↓)

Finally!  

My first solo album ROMANTIC MOMENT will be released on Amazon JAPAN on November 7th!  

 

Meanwhile,  I want to share with you a bit of my backstory; why I decided to make this CD. I adore music, hugely because it is the art of the moment; I appreciate its beauty that disappears and that is never reproduced. The natural acoustics of the instruments or voice, to me, is the most beautiful ones compared to the recorded ones; I’ve therefore always preferred listening to the live performances to listening to the recordings.

 

Despite my general stance above, I came to undertake a complete CD production, because I had had some events that encouraged me.

 

One of them was this: one day I sent a recording of my daily practice to my close friends instead of writing them to say hello, which I casually recorded with the voice memo. Beyond my expectations, it turned out that they really appreciated it and told me that they were listening to it repeatedly on the way to their work, or sharing it with their family. I recognized that these my friends, who work outside the home while raising their kids, don’t have much time to go out to listen to live performances; and yet, because it was the recording, they could still enjoy music. This experience was one of the first reasons I started to think about making my piano solo album that is rich in sound.

 

The other thing was this: I learned that people from more than 60 countries had downloaded my dissertation which was published four years ago. Just thinking about these countries, most of which I’ve never visited, makes me very excited. This made me realize the actual possibilities of reaching out to people all over the world through music.

 

Still, I had to think twice before actually making a physical CD. I was aware that there are more people now listening to music via digital streaming, many of whom do not even own a CD player. Meanwhile, I came up with the idea of making a package itself a crucial part of the product.

 

I was so fortunate to meet Sonja Kanno, an artist from Germany who was able to resonate with the concept of our production. Now that she was going to create the original artwork for the CD, we decided to adopt the package, a digipak of 6 panels (back and front altogether), mainly made of papers. Sonja used these all 6 panels to design her artwork. 

 

To complete the product, I took up another big challenge –a booklet. I decided to write liner notes both in English and Japanese. This was much tougher than I expected. I chose music to be my primary language in the first place because it allows me to express the things/feelings which I am not able to do it with words, without filtering them. It was so difficult for me to write anything, because every time I wrote something, I started doubting everything. But then, why did I still do it?  Because I particularly wanted to reach out to those who are not so familiar with classical music. I thought that sometimes knowing about the background of the composers or compositions may help people enjoy music even more; this idea helped me push forward. In liner notes, I also mentioned a little bit about why the album is called “Romantic Moment,” and why I chose these composers and compositions. At the same time, this experience actually made me confirm that I really prefer playing the piano to writing!!

 

The whole process was new to me, and there was a series of challenges I had to face one after another. I would have never been able to get through these challenges if I were all by myself. Thanks to the fantastic team members who not only supported me all the way but also accomplished magnificent work which totally exceeded my expectations. And thanks to all my teachers who raised me up until now. Last but not least, thanks to my friends and family, who always cheered me up and believed in me. 

 

ファーストアルバム『ロマンティック・モメント』リリースにあたって。

お待たせいたしました!昨年11月に録音したファーストアルバム「ロマンティック・モメント」が来月25日にリリースされる運びとなりました。

アイデアから約二年間、ようやくここにたどり着くことができました。今日は、今回CDを作ることになった経緯について少しお話しさせてください。

そもそも私は、瞬間芸術である音楽の、消えてなくなることの美しさ、二度と同じことが再現出来ないことの神秘、そのありがたさに惹かれて、今まで音楽を続けてきました。そして、アコースティック楽器本来の自然な音色を最も愛しています。

そのような中、CDを作ることになった大きなきっかけは二つあります。

一つは、何気なく普段の練習を録った録音を友達にメールで送ったら、毎日、通勤途中の電車やバスの中で聴いてくれて「癒された」と言って貰ったことです。仕事や子育てで忙しく、落ち着いて時間をとってクラッシックのコンサートに頻繁に足を運べない友達でも、CDなら、ちょっとした隙間時間に音楽を楽しんでもらえるんだと認識できました。折角なら豊かなサウンドのレコーディングがしたいと思うようになりました。

もう一つは、私が2015年に出版した博士論文が、現在67か国の人々にダウンロードされているということです。自分の作ったものが、訪れたことのない国々の人たちに伝わるということは、想像しただけでとてもワクワクします。こうして、音楽を世界中の人々に伝えたていきたいという夢が少しずつ膨らんでいきました。

今、デジタル配信が主流でCDプレーヤーさえ持っていない方々も多い中、フィジカルなCDを作ることに関して疑問に感じなかったわけではありません。そのようなわけで、今回制作にあたり、実際に手に取っていただくことになる「パッケージ」にもこだわることになりました。

「ロマンティック・モメント」のパッケージは、紙主体のデジパックと呼ばれるものです。今回、画家のソーニャカンノさんが収録音源とアルバムのコンセプトを基に、アート作品を特別に制作してくださる事になりました。とてもありがたい機会なので、贅沢に3面パネル (観音開き)のパッケージを採用し、表裏全6面をカンバスに見立てて作品を作っていただきました。全6面で一作品というデザインです。(中身は実際にあけていただく時までのお楽しみです!)

もう一つのこだわりは全28ページに及ぶブックレットです。自身で、日本語・英語の両言語で、解説文を書くという何とも無謀な挑戦をしてしまいました。そもそも、言葉という縛りが苦手であるが故に「矛盾したり白黒つけることの難しい複雑な想い」をありのまま伝えることができる音楽を選んだ私が、なぜこの挑戦をしてしまったのか、、、、、。一方で、クラッシック音楽は、作品や作曲家に関する情報やアイデアなどを知ることで、聴こえ方や愉しみ方などに奥行きが出てくるとも思っています。そのようなわけで、今回のブックレットはどちらかといえば「普段クラッシックなんて全然聴かない」という方にも興味を持っていただき、色々な角度から楽しんでいただければという強い思いから、何とか書き上げる事が出来ました。アルバムコンセプトやレパートリーについての想いも記載しています。先入観なしで聴きたいと思われる方は、まずはブックレットを読まずに聴いてみてください!ただ、この経験を通して、自分はやはり文字に起こすより、ピアノを弾く方が好きだということを再認識しました。

初めての事だらけで、チャレンジも数多くありました。その様な中ここまでこれたのは、いつも前向きで、サポーティブで、期待を遥かに超える素晴らしいワークをしてくださった素晴らしいチームメイトのおかげです。また、今まで育ててくださった恩師の皆様、また心配事に逐一耳を傾けて、応援してくれ、完成を信じて待ってくれていた家族・友人にこの場を借りて御礼申し上げます。

 

「ロマンティック・モメント」お手に取っていただければ幸いです。

Pre-order at Amazon Japan !

Amazonでの先行予約はこちらから。

GO TO THE PRODUCT INFO

商品詳細はこちらから

 

“Romantic Moment” is work in progress

Posted on

Had two days of the photo session for our ongoing “Romantic Moment” project. Had a day for outdoor shooting with Cherry Blossoms in full bloom, and also a day for indoor shooting. Cannot thank enough to the amazing photographers, Sonja Kanno and Floris van Eerden, who could capture the natural and spontaneous expressions of Emiko, which could have been a quite bit of a challenge for her!  It’s the atmosphere they were able to provide during the session. And of course, not forgetting to mention a fantastic makeup artist, Ruriko Okazaki, who did hair design and make up to prepare for the indoor shooting. She without doubt possesses magic hands!

現在製作中のCDカバーやブックレットに使用する写真撮影が屋外と屋内、二日間に渡って行われました。屋外撮影ではソーニャによるアートディレクションと撮影、屋内撮影はソーニャがディレクション、フロリスによる撮影で行われました。また屋内撮影においては、岡崎瑠璃子氏にメークとヘアデザインを担当していただきました。クルーの皆さんの温かいサポートの御陰で、全く慣れない撮影も無事終えることが出来ました。

      

Sonja Kanno will join us as an art director of the upcoming CD!

Posted on

Happy Spring!

It is beyond our excitement that we’ll welcome Sonja Kanno, a German artist resides in Tokyo, as a member of our CD production team! She will paint a new work for the CD cover; she will be creating her artwork while listening to our newly made recording. Sonja will also be producing the entire CD package design. This music and art collaboration is what I’ve been dreaming of ! So looking forward to seeing her work!! 

Will be updating our creative process, including studio scenes, photo shooting and liner notes production via my newly launched Instagram page! Please check it out! 

 

いよいよ春めいてきました!

現在制作途中のCDについてのお知らせです。

今回、東京在住のドイツ人アーティスト、ソーニャ菅野さんが、CDパッケージデザインのディレクターとしてチームに加わってくださることになりました!表紙となる作品を手掛けて下さいます。現在、出来立てホヤホヤのレコーディングを元に、アトリエで作品制作中です。一体どのような作品が生まれるのか、とても楽しみです。

そのような訳で、今回新たにインスタグラムのページをオープンしました。CD完成へ向けて、カバーデザインの元となるアートワーク制作の模様や写真撮影、またライナーノーツの執筆過程など、CD制作のプロセスをお伝え出来ればと思っています。是非一度ページをチェックしてみて下さい!