Maria and Emiko are playing in Osaka, Japan this spring!

The concert is postponed to 11/8 (Sun), 2020.

このたび、新型コロナの影響により、被害に遭われた皆様にこの場を借りてお見舞い申し上げます。

 
そのような中、お客様の健康と安全を第一に考慮し、

3/22に開催予定だったコンサートを

11/8 (日)

に延期させていただく運びとなりました。

 

周りの方々のご理解、サポートに深く感謝いたします。

時節柄、何卒御自愛くださいませ。
事態の一刻も早い終息を心よりお祈りしています。(3/2/2020)

 

***

 

待ちに待ったマーシャ (Maria Storm, violin) との共演です!

マーシャとは2001年にニューヨークのマネス音楽院で出会って以来の友人で、今回初来日に合わせて「Spring Storm」と名付けた熱いプログラムを用意しました!

マーシャのルーツであるウクライナのスコリィクの作品を始め、スラブ系やロマ風の、エキゾチックで心が躍る音楽を中心にお届けします。

是非お越し下さい! スペシャルピースもお楽しみに!

チケット購入とコンサートの詳細はこちら

***

3/22 (Sunday) 14:30 ~
ヒビキミュージックサロンリーヴス Hibiki Music Salon Leaves

¥3,000 (学生¥2,500)

〈Program〉
Fauré: Andante Op. 75 for violin and piano
Dvorák: 4 Romantic Pieces Op. 75
Bartok: Rumanian Folk Dance
Skoryik:  Melody / Folk Dance
Saint-Saëns: Introduction and Rondo Capriccioso
Sarasate: Zigoinerweizen
BUY TICKET (チケットを購入する)

 

 

 

 

Spring Storm 1
マリア・ストーム:ウクライナ出身のバイオリニスト。現在シカゴを拠点にソロ、室内楽奏者、オーケストラ・プレーヤーとして活躍。圧倒的な表現力と、歌声の様に多彩に変化する音色で聴衆と共演者から絶大な支持を得ている。
2013-2015シーズンはぺトール・ヤンケビッチ・アンサンブル (PJE) の第一バイオリニストとしてアメリカ全土で演奏、グループが収録したCD「(Com)passionate」は高い評価を得た。このグループでの演奏を含め、マリアの演奏は、シカゴFMのクラッシック専門チャンネル・WFMTラジオでたびたび放送されている。
ピアニスト・キャシー・タグとのデュオ「Duo KuMa」 やピアノフォルテ・サロンシリーズ、第二土曜の午後二時コンサートシリーズなどで室内楽奏者として活躍。ソリストとしては、ポーランド、ウクライナのオーケストラに加え、全米ではノースウェスト交響楽団、ウォキーガン交響楽団、ホワイティング・パークフェスティバルオーケストラでソリストを務めた。また4年間コンサートマスターを務めた、シカゴのコンポーザ―ズ・オーケストラで、ソリストとしてSpheres G. Prokofievの作品の全米初演を行った。
キエフのルイセンコ記念音楽学校を経てポーランド、オ―ストリアの音楽院で研鑽を積んだのち、渡米。NYマネス音楽院、ルーズベルト大学シカゴ芸術音楽院で学んだ後、インディアナ大学ジェイコブズ音楽院で修士号を取得。これまでに、森悠子、Vadim Gluzman, Mark Kaplan, Arkady Winokurov, Benjamin Mordkovich, Galina Sokolova、Jaroslava Rivniakの各師に師事。
●オフィシャルサイト: www.stormviolin.com